chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Tuesday, July 2, 2013

07:02:2013 -- Part 332

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730


パート332

2013年7月2日

 

The manuscript of survival – part 332


 

もう多くの人はおわかりでしょうが、今夏はあらゆるものごとが着実にヒートアップしてゆきます。この言葉が表す全ての意味において、そうお伝えします。たくさんのものが皆さんの周りを飛び交います。エネルギーの放出もありますが、これまでの光の注入の結果も表れてきます。光は決して手ぶらでやって来たりしません。光が触れたもの全てに深遠な影響を与えています。今回もそうなりますし、もうそれは十分に証明されていますね。

 
このエネルギーの放射は皆さんの深い所まで到達しているようです。そしてたくさんのものが再び表面化しています。皆さんだけではなく、皆さんの周りにいる人も同じです。この光の効果にすっかり身をさらして皆さんはもう慣れてゆきますが、それでもこの激変の時期に集中力を保ってバランスをとり続けるのは大変なことでしょう。このプロセスは激変に向かって進んでゆきます。もうお伝えしたように、これからは大混乱、カオスの時期と言えるでしょう。ただし、創造的なカオスです。多くの人々はカオス的激変と見るでしょうが、それはその激変の表面下に実際にあるものとは全く別物です。破綻だ、破滅だと捉えたくなるでしょうが、思い出してください、この全ては破滅ではなく再構築なのです。

 
しかし何度も繰り返しお伝えした通り、人類はどんな形のものであれ、変化は避けるようにと何度もプログラムし直されてきました。ですから、たくさんの恐怖がすでに表出してきています。ここまでの最後の時期、皆さんは全員この恐怖に直面してきたのではないですか。皆さんは自分やこの無限のグリッドに繋がることでとてもオープンになってきたので、以前よりずっとパワフルに信号を拾うことができます。つまり、とても微細な気配がしただけでもどこかで警報器が鳴ったかのように察知するのです。ですから、皆さんの内で警報器が鳴り始めたと感じるたびに一歩下がって落ち着くようにしてください。たいていの場合は単に集合意識が発したメッセージを拾っただけなのです。たとえそれが自分の体内で鳴っているように感じても、実際に皆さんのものではありません。皆さんはただ他人の苦痛の信号を拾っているのですが、自分の信号だと思ってしまうものなのです。

 
ですからもう一度言いましょう、呼吸をし焦点を合わせていてください。そして皆さんの周りを取り巻く全ての感情と自分を少し切り離すようにしてください。時にはそう簡単ではありません、わかっています。とても強力に感じる時もあります。ですから、可能な場合は同士の元に身を寄せてください。エネルギーが激変する中で最善の策は、いつも内に求めることです。さらに重要なのは、皆さんが形成している魂のグリッドに繋がることを忘れないようにすることです。熱の中にいるとそう簡単にはできないでしょうが、そんな時こそ皆さんにはこのグリッドが必要なのです。この池(アイシャのコミュニティ)の水が喉の渇きを癒し、恐怖の火傷を癒してくれますから、皆さんが必要と感じたらここに逃げ込んで来てください。それは何かからの逃避ではありません。激しい真昼の太陽の元で身を完全にさらけ出してまだ立っている沢山の人々から古い屑が溢れだし、それが火傷するほど熱く激しいので逃げ場を探しているに過ぎません。しかし皆さんには避難所があります。そして皆さんはこの鎮静のエネルギーと一つとなり、避難の場を設置するために貢献してきました。ですから、ここに集まりたくなったら我慢しないでください。皆さんに安堵をもたらしてくれますし、変化がもたらす焼けつくような熱さから逃げ場のない人々を大いに助けることにもなるのです。

 



 

Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light