chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Thursday, November 27, 2014

11:27:2014 -- A short update on the energies

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

エネルギーアップデイト

2014年11月27日

 

A short update on the energies
https://aishanorth.wordpress.com/2014/11/27/a-short-update-on-the-energies-74/

 

皆さんと惑星が生まれ変わるというこのプロセスはまた新たな段階に入りました。ここ数日の間尽力された皆さんに、もう一度私達からお祝いの言葉を送りたいと思います。ここ数日の皆さんの努力は実に壮大でしたから、皆さんはまた次のスパイラルに上がっています。地平線はさらに広がりました。そして皆さんはいわば産道のような通路の一つを何とか通過したのです。どの人も、制限の感覚がやや薄くなっているのではないでしょうか?おわかりでしょうか、この「制限」は陣痛のようなものです。これはエネルギーに関しての例えですが、このお陰で皆さんは前へと押し進むことができたのです。ですから光はまたさらに増加し、皆さんももっと伸び伸びと呼吸できるようになります。これからの数日間で皆さんにも容易に感じとってくださるとよいのですが、皆さんの体内の敏感さが残っている人がまだ中にはいることでしょう。それもやがて消えてゆきます。皆さんを包んでいるエネルギー層が多少は落ち着くでしょうからね。これまで通り、その状態も一時的なものです。このプロセスは進行しているのです。ですが、いまは少しばかりすべてから身を引いてひと休みできることと思います。

 

と言っても巨大規模な前進が起きましたから、まだ調子が悪くて落胆している人は不平を言いたくなるでしょうね。しかし、次の決定的なステップの時がくれば皆さんの態勢も整うことでしょう。ええ、先だっての付加重圧でもう限界を感じている人達にとっては慰めにもなりませんね。しかし皆さんは絶えず監視されていることを知っておいてください。限界を越えるということはまずありません。皆さんの身体はこの全プロセスの間に何度かはもうこれで終わりにしようとするかもしれませんが、身体は実は皆さんが思っているより遥かに高度で回復機能に優れています。ですからプロセスの間中、身体は不平を言ったりあらゆる音を立てるでしょうが、壊れることはありません。このプロセスに向けてその身体は十分に準備が整っています。皆さん自身もです。皆さんの記憶にはないかもしれませんが、皆さんも身体も、先だっての前進を遥かに上回るエネルギー上昇にも耐えられるよう十分に訓練されてきています。ですからすべては順調です。皆さんはこの全プロセスの完遂に向かって順調に進んでいます。今回皆さんは、また大きな飛躍を達成しました。これまでの取組みから見ても、大きな功績を残したと言えます。

 

皆さんが達成した素晴らしい結果について、皆さんの中でその全容を理解できる人はほぼいません。これについては何度も繰り返し言っていますが、これが私達に与えられた仕事です。覚えていますか、この到来するエネルギーと皆さんの奇跡的な身体を交流させてすべてを実現しているのは皆さん自身です。私達の仕事は外で待機し、プロセスの全容がよくわかるように皆さんを手助けすることです。つまり、皆さんはその物理的乗り物の中にいるのでこの魔法のプロセスの一刻一刻を感じることができます。限度があるよ、と皆さんは言いたいようですね。ですが私達はただ観察し、コメントをし、皆さんの周囲について詳しい部分を伝えることで皆さんがよく見えるようにサポートしているのです。このプロセスによって皆さんは身体反応に圧倒される時がありますからね。

 

ですから、皆さんが絶え間なく前へ向かって急上昇してくださっていることに全創造物を代表して私達より深甚なる感謝をお伝えします。時には集中的なエネルギーの収縮によって前進させられる時もありましょうが、この光を湛えたエネルギーの終わりなき流れの先に行こうとしない限りは皆さんに影響することはありません。ここでスピードを決めるのは皆さんなのです。皆さんがYESと言えばペースが定まります。皆さんには光のパワーを止めることはできなくとも、しっかりと自分の立場を定めて前へ踏み出すことを拒否すればある程度スローダウンさせることが可能です。ただし十分な人数の方が出航し自由に出て行くことを決心しましたから、前進の推進力は大幅に増大しました。それについて、私達からはいくらお礼を言っても足りないほどです。

 

繰り返しますが、皆さんはとても立派にしっかりやっています。皆さんが前へ上へと向かう力によって、たいへん基本的なピースが非常に複雑なエネルギー構造内で新しいスロットへと変わりました。それはまるで皆さんがルービック・キューブと呼んでいるもののように謎解きは完成に向かっています。これからスピードはさらに大幅に加速します。ですがいま、皆さんの領域感覚は広がってゆくでしょうから、身体的な制限は減り、新鮮な空気を十分に取り込むことができるはずです。そこでもう一度アドバイスですが、どうぞ時間をかけて自分自身の中にチューニングを合わせ、可能な限りの方法で内の新しさを感じてください。初めはそれほど感じられないかもしれませんが、しばらくそこにいれば自分の内からまったく新しい振動の音が聞こえてくるはずです。この振動こそ、まったく新しい形で「ニュー・ワールド」の先触れなのです。


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light