chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Monday, October 27, 2014

10:26:2014 -- Welcome to the New World, welcome to the New Pond

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

ニュー・ワールドへようこそ、新しいPONDへようこそ

2014年10月26日

 

Welcome to the New World, welcome to the New Pond
http://aishanorth.wordpress.com/2014/10/26/welcome-to-the-new-world-welcome-to-the-new-pond/

 

親愛なる光のファミリーの皆さん!

 

先週に起きた壮大なる転換は、とても言葉で言い表すことはできません。個人レベル・集団レベルともに起きたこの変化をとても言葉を使って伝えられる人はいないと思います。フィリップ、スー、ヘザー、イイディコ、クラウディア、そしてクレタ島で出会ったすべての素晴らしい人々に感謝しています。あなた達いなくしてこの旅はあり得ませんでした。実現させてくださったことに、心の底から感謝しています。

 

このPONDを通して知り合い、大好きになった、たくさんの素晴らしい輝くソウル達に実際に会える、その純粋な喜びに私のハートは歌っていました。そうしてやっと私はわかったのです、「私達」はリアルだ、「これ」はリアルなんだって。ですが、日が過ぎ、私達はこれまでかつて経験したことのないほどパワフルな瞑想やセレモニーを続けて行っていくうちに、私は気づきました。私達がそこに集まったのはとても壮大な規模にわたるワークを行うためでした。そしてこのワークは、この世界を永遠に変えてしまうということを知ったのです。

 

10月14日、クレタ島に向けて出発する一週間前に私はコンスタント・コンパニオン(CC)達からメッセージを受け取りました。でも今回はすぐに公表しないようにと指示を受けました。通常はすぐに投稿するのですが、今回はそれを一部印刷してこの旅行に持って行くように、と言われたのです。いつ、どこでそのメッセージをシェアすべきかは緊密に指示がくるだろうとわかりました。そして先週火曜日にその時がきました。私達のグループはアプテラという古代都市で想像を絶するほどにパワフルな儀式を終えたところでした。その後、私達はオリゾン・センターに来ていた他の人々と集まり、そこで初めて私と姉は自分達のしているワークについて皆の前でお話しをしました。このメッセージはその時、その部屋にいた人々だけに向けられたものではありません。皆のものです。これがそのメッセージです。

 

「私はここにいますよ、これからの旅行について私達へのメッセージはありますか?もちろん私達からはメッセージがあります。親愛なるレディー、あなたがこのようにして私達に接触してくださって私達はとても喜んでいます。

 

おわかりでしょう、この旅のためにそれはたくさんのディテール要素が複雑に織り合わされ、そして実現しています。これはあなただけではありません、この作業に繋がっているそれは大勢の人々、皆さんにとってそうなのです。中には実際にあなたと一緒に旅行先にいる人もいれば、他の人々はあなたにエネルギーを同調させ、彼らもそこに存在しているかのように感じることでしょう。

 

説明しましょう。もうお気づきのとおり、この小旅行はただの休養の旅行ではありません。正確に言えば、これはあなたがこの3年間、一生懸命に組み立ててきたこの素晴らしい構造物を重要なピンで留めて固定させるための旅行です。つまり、あなたはいま、岐路に立っています。これまであなたはたいへんな作業を達成させてきましたが、今回の旅行での集まりはこれまでの達成とは比較にならないほどの成果をもたらすことになります。この集まりは局所的観点からみると小規模に見えるかもしれません。ですが、その功績は実に大規模で、地域全体、さらには遥か遠くまでその効果は達することでしょう。地球の反対側に住んでいる人々や遠方から来る人々とクレタ島で会うことになっていますが、これは偶然ではありません。また、参加するようにと召集されているような強い感覚を覚えながらも、実際にはクレタ島まで旅行するのを差し控えた人々についても、それは偶然ではありません。

 

おわかりですね、これはすべての意図と目的において真に共同体としての取組みです。地球の至るところに散在する大勢の人々が関わっています。また、皆さん以上に大勢の人々にとっても利益をもたらす取り組みで、そのような人々もまた地球上のあらゆる地域に散在しています。あなたはこれから、人類の心の奥深くに根をはっている古い縛りを解くためにこれに参加するのです。その日の実際のプログラムを遥かに越えるよう意図を皆で合わせて設定すれば、活動が起き、それが全人類のために役立つことでしょう。ええ、このような表現は高慢に聞こえるかもしれませんね、わかっています。ですが、私達は皆さんの視線の先ではなく、私達に見えていることを話していることをお忘れなく。私達にはこのプロジェクトの全容が見えています。それは小さな部屋に集まった少数の人々よりも遥かに大規模なことです。

 

これには遠くまで広がるフォースが網羅されています。これらのフォースはちょうどこの瞬間を、ついに明るみに出てその壮麗なる姿を示すこの瞬間を、ずっと待っていました。あなたはこの時のために保管室に溜めてきた、膨大なる光を解き放つのです。

 

皆さんの行動については緻密に誘導します。これらのイベントが展開し、それを皆さんがどう感じようとも、あなたの人間という受容体ではそのほんの一部しか理解することはできないのだということを心得ていてください。ただ、あなた方のうち多くの人はワンネスの感覚、繋がっているその感覚に圧倒されることでしょう。皆さんはここで参加することになっている本当に重大な経験の、ほんの一部を何らかの形で味わうことでしょう。それについては、全創造物を代表し私達から再度お礼を申し上げます。皆さんは緻密な誘導を受けることになっていますが、同時に真の光の戦士として歓迎を受けるのですから。皆さんは歪められてきたものを正すために復活した、古代伝説です。どうぞ毅然とし、ハートを広く開いていてください。そして私達すべてからの賞賛を受け取ってください。惜しみない賞賛が向けられているのですから。

 

ありがとう、以上です。」

 

その週のイベントが進むにあたり、階段状ピラミッドのイメージが私のところにきました。私達の行っていることを説明するものでした。

 

ステップ1: 基盤を据える

これは日曜日、フィリップのSOL/IS ワークショップの間に起きました。私達は4つのグループセッションを一連に行い、全員で「パイプをクリアにする」、そして光が自由に流れるようにすることで個々が完全にソースに繋がりました。その時、私達は集団エネルギーに繋がって起動を行い、これによって私達は一つのグループとして最後の鍵を受け取ることができました。ニュー・ワールドにアクセスするために開くべき扉を解錠するための鍵です。これを私達で行いました。

 

ステップ2: 古い世界との結びつきを解く

これは火曜日に起きました。私達は儀式を行い、集団レベルで古いエネルギーから私達を切断し、神聖なる女性性・神聖なる男性性のエネルギーをもう一度生き返らせ、これによって古い世界の終焉をしるしました。

 

ステップ3: 完了

木曜日でした。私達はファイブ・ヴァージン教会で一連の儀式を行い、分離していたものを統合しました。私達が真の愛のマスターとなれるように、もっとも深い闇を請け負った、迷える魂達をもう一度故郷に呼び戻したのです。私達は、彼らもまた私達と同じく「愛」であり、彼らは「愛されている」、彼らには「愛がある」ことを伝えるという方法をとりました。CC達はこれを「ピラミッドの頂上にゴールドの冠石を置く」と描写しました。これがニュー・ワールドの始まりを告げました。

 

すべての締めくくりとして、私達は同じエリア内にある聖なる泉である儀式を行いました。その間、私は水を解き放ちました。姉と私とで大好きな山の泉や湖から集めてきた水です。そして同じその山から採ってきたホワイト・クォーツを一つ、泉の中に起き、この二つの神聖な場所を繋ぎました。いま、そこの水は起動し、ここでシェアしているのと同じ情報を送り出しています。地球のすみずみまで行き渡る情報の終わりなきサイクルの一部となって。

 

この水が送り出しているメッセージはこちらです:

ここはニュー・ワールドです。私達は扉を開きました、自由に外へ出て温かな素晴らしい太陽の光を浴びるのです。私達はこのニュー・ワールドを作るための真っ白な初期状態のキャンバスを自らに与えたのです。今回は、キラキラ輝く色彩が無限にあり、私達はどんな色をも選ぶことができます。ただし、この新しい世界に属するためには「あなた」がYESと言わなければなりません。これは皆さん一人一人が選択すべきことであり、私もコンスタント・コンパニオン達も、他の誰もあなたのために選択することはできません。

 

このニュー・ワールドに加わるためにすべきこと、それはただ自分を100%愛すること、そしてあなたの本来のパワーに足を踏み入れてゆき、本来なる創造主なる神、女神となることです。これは簡単に選択できることではありません。あなたのすべてを変えてしまうことでしょうから。あなたがニュー・ワールドに「hello」と言うときは、同時にあなたはあらゆる形で古い世界にさよならを告げなければなりません。それがたとえ、愛する人々との別れを意味することになっても、です。私達は扉口のところで他の人達が一緒にくる準備が整うまでぐずぐず待つことを許されてはいません。

 

なぜなら私達にはとてもたくさんの作業があります。私達こそがこのニュー・ワールドのすべてを共同創造する者達であり、私達は皆、ここで行うべき作業に多忙になることでしょう。これから、その作業が私達全員の下に現れてきます。私はこれに「YES]と言いましたし、私の双子の姉もそうしました。彼女はAfathon、ウェイショウワー(道を示す者)であり、高尚です。彼女は今週、私の傍らで光の中に足を踏み入れました。この先、私達は物理的に、デジタルに、かつエネルギー的に地球を横断することになります。私達はチームとして、でも別々に作業にあたります。さらにはあらゆる他の大小のグループでも作業することになります。

 

皆さんの多くも本来の神・女神としての役割に足を踏み入れています。皆さん一人一人へ私より:ようこそお帰りなさい!このPONDはあなたのホーム、私達皆で集まる場所です。そうすることで私達は世界に出てゆき、この新しいエネルギーをアンカーさせ、新しい世界を具現化するために必要なすべてのことを行い、すべてとして「BE 存在する」ことができるのです。私からはただ、さぁ準備して、とだけ言っておきます。私達は無駄なく忙しく時間を過ごすことになりますから、ここに来て物語をシェアする時間はもうありません。グループとしての私達に与えられた第一の課題は、この日曜日、11月2日に行う新しいPONDでの瞑想集会に集うことです。

 

私のここでの役割も変わります。私はシェアするようにと指示を受けるメッセージだけを投稿します。これまでほど頻繁ではなくなるでしょう。ここで展開されているあらゆる話し合いにも、もう私は参加しません。これまではそれも私の作業の一つでしたが、そこから身を引くようにとの導きを受けました。そして必要たる個人個人との繋がりを築いてゆくことにエネルギーをフォーカスさせるように、と。これが私の、この壮大なる共同的な取組みにおける私の役割です。

 

古い世界から離れて自分自身のパワーの中へ進んでゆく準備がまだできていない皆さんは、もうここはあなたの場所ではないことを理解してください。ここはもう、傷ついたインナー・チャイルドを肥やすためにドラマを演じる劇場ではなくなったのです。もしこれからもそうしたかったら、他の場所を見つけるか、自分のためのそういう場所をただ作ってください。もう、ここでは歓迎しません。

 

あなたが誰になることを選択しようとも、私は皆さんを愛しています。そして皆さんの旅に敬意を持っています。それはわかっていてください。光も皆さんを愛し、敬意をもっています。ですが、私にわかっていることがあります:光はあなたを古い、暗い部屋、傷ついた子供が君臨している部屋から身を引くために全力をもってあなたに手を貸すことでしょう。そしてあなたの本来のパワーを取り戻せるよう、手伝ってくれます。この先、光はあなたのボタンを何度でも強く、さらに強く押し続けることでしょう。ですから覚えておいてください。あなたがいまなお抱えているすべての苦しみ、すべての悲しみ、すべての恐怖に光が再び灯されるなら、それは「愛」によって灯されるということを。あなたはただ、鏡を見つめてこう言えばいいのです: 私は愛。私は愛されている。私には愛がある。と。そしてその真実があなたのものとなり、自分を無条件に愛する準備ができたとき、ようやくあなたはニュー・ワールドに踏み込むことができるのです。そこで私は一番にあなたを抱擁し、お帰り!と迎え入れましょう。

 

そう遠くない未来に、このPONDは静かになるでしょう。パワーを失うからではありません、もう私達は十分に自らのパワーを取り戻したからです。その時まで、私は光の滴を補い続けます。私を通してやってくる光が、私達自身のグレイトネスを育む助けとなるように。私達はついに、自らのパワーに接触しています。ですから、この移行において私達をこれまで支えていたものはもう必要ではないのです。私達はついに、真の光の戦士となりました。私達は歪められたものを正すために生き返った古代の伝説なのです。ですから毅然とハートを開いてまいりましょう。

 

私のすべてをもって皆さんを愛しています-永遠に。

アイシャ


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light