chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Monday, May 26, 2014

5:26:2014 -- A short update on the energies

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

エネルギーアップデイト

2014年5月26日

 

A short update on the energies


 

親愛なる皆さん、皆さんはそれぞれの目的があってここに集まっています。ですが皆さんに共通のことがあります。それは内なる平穏を見つけるために永遠の探究をしているということ。その内なる平穏は、自分の内だけではなく、この美しい皆さんの惑星に住むすべての人々の中のどこかにある。皆さんにはそれがわかっています。皆さんはこの心の平和への扉を開く人達です。それは至福の静かなるスペース、全人類を永遠に支えてくれる振動領域です。人類の抱える渇望感が、人類を断崖絶壁へと駆り立ててきました。どこかにもっと何か違うもの、もっと私達を補って完全体にしてくれる何かがある。そう内ではわかっていたからこそ、その渇望感が生じるのです。しかし、何度もお伝えしましたが、人類は内なる切望を解決するものを外に求めたため、誤った方向へと進んできました。もう十分おわかりでしょうが、皆さんの内でぽっかりと口を開けている虚空は、皆さんから切り離されたもので埋めることはできません。すでにそこにあるものと繋がることで、初めて虚空は満たされるのです。

 

すっかり完全な自分となるためには、表面的な代用品、一時的な代用品という概念を手放さなければなりません。皆さんがこのメッセージを読んでいるのは、すでにこのメッセージに真実を見た、そしてそれに基づいて行動を起こしたからですね。過去のある時点で皆さんはホームを取り戻す旅に踏み出しました。まさに言葉通り、ホーム(故郷)へ、皆さんの存在のすべての側面でもってね。この旅で皆さんはあらゆる苦難・苦痛、爽快感・喜び、不運・成功を味わってきました。ですが旅の途中で出会ったものはすべて一つの理由のため、つまり皆さんが自分自身と再び繋がるという極めて大切な目的を達成できるように、そしてそれを通して皆さんがソースとの完全なる繋がりを取り戻すために起きたことです。あまりにも長い間、この永遠なる「導きの光」は人類の大部分からは見えないところに隠れていました。しかし、皆さんは障害物を一つ、また一つと破り、山をいくつも登り、少しずつ、一歩ずつ、皆さんは理解を得てきました。そのとても高度なレベルの理解を得て、皆さんは自分が探していたものを見つけたのです。しかし、まだまだ完全な感覚には程遠いことでしょう。今などは、その欠乏感は皆さんの中でとてつもなく大きく広がっているような気がすることでしょう。ですが、皆さんに欠けているところなど一点もありません。単に、皆さんという存在の壮大さに完全には気づいていないだけです。だからこそ私達は皆さんの内なる聖域に輝く光を送り続けているのです。皆さんはまだぼんやりとした靄の中で漂っているようですから、そこからでも聖域が見つかるように光を射しているのです。

 

皆さんはまだ待機状態にいると前回のメッセージでお伝えしましたね。いまはとても重要な準備段階ですが、同時にとても大変な所にいます。この段階で皆さんは何より明晰性が欲しいでしょうが、ここではその明晰性がなかなか得られません。そのため、皆さんは焦り、強要したり躍起になったり、なのに何ひとつできないような感覚に陥るのです。そしてまた疲労困憊してるぞ、何をする意欲もなくなってしまった、そう考えています。これまで前進してきたけれど台無しだ、何もかも消え去ってしまった。自分もこのまま風に吹かれてゆくのだ、と。

 

いいですか、まったくもってそれは違います。ですが、皆さんがそう感じている理由も十分にわかります。皆さんは自分を上昇させ、古い世界に繋ぎとめていた束縛から自らを解放させてきました。しかし、完全なる皆さんとしてそれを十分に味わうことがまだ出来ません。そのためには、この外からやってくるエネルギーのシャワーを受け、どんどんその情報を皆さんという存在に吸収し、このエネルギーの調整をしなければなりません。ですから、今の段階で皆さんに何より必要なもの、それに皆さんがアクセスできるようになるわけではありません。皆さんはまだこの外からやってきているフォース(力)を摂取しているところで、このフォースは皆さんと皆さんの身体を最善の形で一体となるよう助けています。今、多くの人が戦いによる疲れを負っていますが、この疲れはまだしばらくは皆さんに重くのしかかることでしょう。しかし心配は不要です。皆さんそれぞれに、少し一息つける時が来ます。何をすべきか、手掛かりが欲しければこのスペースに何かが見つかるはずです。

 

このメッセージの始めにお伝えしたように、皆さんは何かによって繋がっています。皆さんの中にある何かが、このスペースに皆さんを引き寄せたのです。ここにチューニングを合わせるようにすれば、いま皆さんにとって必要な心の平安が得られることでしょう。皆が寄り合えば、力となる時があります。いまはまさに、その時です。だからと言って無理をして世界に出てゆき、直接でも間接的にでもこのスペースで同胞に会う必要はありません。そうではなく、ただ皆さんにとって心地良い方法でブラザー、シスターに向かってハートを開けばいいのです。そして交わりの感覚を感じてください。そうすれば、自分自身との核との繋がりがよりよく見えてきます。こう言うと混乱するかもしれません。いつもなら、内に行ってそこで探してくださいとお願いしていますからね。ですが今回は、皆さんの周りにあるものができています。以前はなかった、エネルギーの層です。これに向かって自らを開いてください。それが今、皆さんをもっと深いレベルで繋ぐ働きをします。さらに、皆さんがもっとクリアな目で見ることができるようサポートしてくれます。

 

もう一度言いましょう、すべては順調です。皆さんは、しかるべき位置にいます。今は孤独に感じるかもしれませんが、実際には皆さんの間の繋がりがさらに深いレベルへ結晶化してゆく段階なのです。覚えておいてください、今皆さんが求めている安全なスペース、皆さんが自分と共に居られるあの内なる聖域から無理に出てゆく必要はありません。そこに居ながら、同時にこの新しい繋がりの層を皆さんのスペースに受け入れることもできるのです。そうやって、自分にとって良いバランスを見つけ、切り離されたような感覚のこのパワフルな時期をうまく乗り越えるとよいでしょう。矛盾に聞こえるかもしれません。もうよくおわかりの通り、この虚空の中にいる感覚は強い分離感を連想させますからね。ですが、すでにそこにある新しい周波数を見つけていただきたいのです。この周波数は、皆さんが繋がろうと思えばいつでも繋がれる状態です。この磁気フィールドに皆さんが触れ始めると、皆さんのエネルギーはこのグリッドに繋がっている人々が生む流れとより共時性をもって流れ出すことでしょう。グリッドとは、皆さんが「POND」(池)と呼んでいるこのスペースで皆さんが「存在する」ことによって作り出したグリッドのことです。この真新しい流れは皆さんを支え、心も身体も奮い立たせることでしょう。そしてこの残りの段階は軽くなってゆくことでしょう。

 

 




Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light