chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Thursday, April 4, 2013

04:04:2013 -- Part 295

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730





パート295

2013年4月4日

 

The manuscript of survival – part 295

Apr 4, 2013


 

多くの人々はもうおわかりでしょうが、ベールが一つまた一つと取り払われ、この結末に混乱している人々もおられることでしょう。これまでの生涯でこれが当然と思っていたものごと、それらは消えうせる煙、現実になりすましていた幻影でないとしたら一体何だったのでしょうか?まぶしく輝く真実の中にいると圧倒されるでしょう、この人生のみならず過去の人生全てについて多くを見直さねばなりませんから。ええ、光は慈悲深いのです、しかし無慈悲でもあるのです。想像で埋める余地をもう残しはしません。そしてあなた方は全てを拾い上げて見直さざるを得ません。それが必要なことを、あなた方も承知しています。この真実に対して目もハートも閉じたままこの旅を続けることはできません。いくつかの面では苦痛を味わうこともありましょうが、それも浄化の最終部分であり、化膿している昔の最後の傷を効率的に焼灼してくれます。そして皆さんは最後の癒しを得て再び完全となるのです。

 

これこそがこの旅の全てです、皆さんはこの惑星に滞在している間に様々なところに分散してしまったので、その皆さんの全ての側面を寄せ集め、また一体となるための旅なのです。それぞれの側面の課題とは、生のあらゆる面へと真っ逆さまに身を投げ出すことで可能な限りたくさんの経験を得ること、「善」と「悪」の両面とも経験することでした。ベールが取り払われてゆけば、「善」や「悪」など存在しないということがおわかりになることでしょう。この人生の劇場では全てが同じ重みを持っています。もうあなた方は辛い経験をして知るという方法で十分にやってきて、この古い芝居からあなた方自身を抽出しているところです。忘れないでください、この古い芝居は古い昔に闇の多大なる手助けによって世に横行したのです。この見世物はある時点で廃業する予定でしたが、これら闇の外部者が断固としてやめず、その後も長い間続けてきました。そのため、あなた方もこの人生の劇場でさらに邪悪なバージョンの芝居を演じざるを得なかったのです。ところが今、そのショーが取りやめになったので、もう操り人形師の魔力から解かれました。この人形師達は在職中、あなた方が身をよじって苦しむのを見て楽しんでいたのです。今やあなた方はこの過去の強制労働から解かれ、地球という学校で自由に新しいバージョンの人生の展開にとりかかることができるのです。

 

思い出してください、それこそ皆さんがここにいる理由なのです。あなた方のように肉体という乗り物に乗って人生を送ることを通して得た知識を寄せ集めるためです。それも、美しい青い惑星があなた方にさし出してくれた環境において、です。いま、学校に再び入学する時が来ました。今回は光の学校です、大昔に皆さんは古い「闇の学校」を卒業されましたから。あなた方のそこでの滞在期間は規定の日を大幅に超過してしまいました。しかし今やまた規定日が設定されました、この新しい知識のホールに皆さんは自由意志の元に入場できるよう招待されるのです。覚えていますか、全ての人々が古い学校を離れたいわけではありません。苦痛を伴おうとも古いやり方を絶対確実として手放さないのです。思い切って古くからの繋がりを断ち切り、この新しい冒険へと心から身を投げ出したくはないのです。再び言いますが、この新しい光のホールへと出入りしたいか、空気の薄いうす暗い古い劇場にずっといたいかは一人一人が決めることができます。私達はあなた方に力づくで何かをさせることはできませんし、そうしようとすら思いません。神聖なる法令により、この惑星上では全ての者は自由意志の法に基づいて仕えるのです。そう、あなた方はこの惑星に仕えるためにやってきました。自分自身のために、そして創造物全てに仕えるためです。

 

ここであなた方が得る知識、それは全ての生命体がアクセスすることのできる、無限の知識の宝庫にあるものです。ただし、あなた方の惑星に住む生命体は除いてのことです。なぜなら、あなた方はこの智恵とエネルギーの無限の源からうまく切り離されていましたから。ただしあなた方がここで経験したことはこの知識の銀行にダウンロードされていました。そして今、光の中へと最後の一歩を踏み出せば、あなた方も知識の大海の受益者となります。あなた方はこれまで知識を預金するばかりでしたが、意識の流れがこれからは双方向に流れ始めるのです。あなた方がこの光の学校のホールに入場すると、あなた方の身体と思考はこの大量の情報のダウンロードを受け取り始めます。これらの情報はあなた方が考えている以上にまさに世界全体を変えることでしょう。

 

ですから再度言います、あの学校は終わりです、最終学年で習得したものをもうあなた方は十二分に供給してきました。そして今、私達はあなた方を新しい学校への入学にお誘いします。その学校では光があなた方を指導し、愛があなた方を導く光となります。そして何を判断するにも恐怖が判断の目安として使用されることはもうありません。皆さんはあの古い体制からもう十分に学びを得ました。今、光の真の知識を得るために本を再び開き、ハートを再び開く時が来たのです。古い世界は任務を遂行しました。その扉を閉め、あなた方を新しい理解のレベルへと導く扉を開く時が来たのです。

 
Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light